FC2ブログ

深刻なエラーが発生しました。

自己満足ブログです。BB戦士(ガンプラ)や、その他食玩等の小物玩具の紹介が主です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BB戦士No.17 ムシャガンダム

武者系BB戦士の紹介は1年ぶりのようです(白目)

BB戦士No.17 ムシャガンダム
musyagundam (15)
1988年12月発売。
BB戦士ナンバリングで初めて「ムシャ(武者)」という名前を持ち、
このムシャガンダムのように武者のような鎧姿になったMS達が活躍する、
SD戦国伝シリーズの始まりとして発売された記念すべきキット。

No.267では子孫という設定で「烈火武者頑駄無」、No.373では完全なリメイク版が「武者頑駄無」として
基本的なデザインはそのまま、頭身を上げたり、可動やギミックを追加したキットが発売されています。
画質が今回も酷いので画像サイズを小さくして誤魔化してます。
musyagundam (1)musyagundam (2)
まずは軽装形態から。
とぼけたような顔が可愛らしいですね。
成型色は白と赤の2色だけでしたので、瞳部分は付属のシール、腕と脚はほぼ全塗装、
胴体の黒い部分と襟元(?)のような部分の黄色、頭部の鉢金と顎と額のメインカメラ(?)のような部分を塗装しています。
塗装にはガンダムマーカーのブラック、イエロー、メタレッド、スミ入れペンのブラックを使用しました。

musyagundam (4)
付属武装その1、タネガシマライフル。
お馴染みのスプリングギミックが内蔵されており、弾丸を発射できます。

musyagundam (6)musyagundam (7)
付属武装その2、普通の刀です。
鞘に納める事ができ、鞘自体は腰に取り付ける事が出来ます。

musyagundam (5)
付属武装その3、ナギナタです。
かなり長め、後述の武者形態ではバックパックにマウントする事が出来ます。
同じ構図で何枚も申し訳ありません。

musyagundam (3)
軽装状態では使用しない鎧と武装はタネガシマライフル以外、付属する台座に飾っておく事が出来ます。
こちらも土台部分(赤一色)、台座部分(白一色)でしたので本体と同じように塗装しています。
キットのままでも瞳部分のシールは付属していますが、
塗らないのなら貼らずにそのまま真っ白でも割と良い具合になるかもしれません。

musyagundam (8)musyagundam (9)
鎧を装着し、武者形態に。
スミ入れ以外の塗装部位はほぼ兜のみです。
ひさし(?)部分と頭頂部のメインカメラ部は白く塗るように指定されているのですが、
流石にマーカーではなかなか大変なので塗装していません。
背景の布のシワが酷い事に。

musyagundam (14)
刀を装備。

musyagundam (10)
ナギナタを装備。

musyagundam (12)
前述の通りバックパックにマウント出来ます。

musyagundam (13)
そして、後の武者系キットには無い、このキットのみの謎ギミック。
頭部にもスプリングギミックが内蔵されており、顔面を弾いたり押したりすると兜が勢いよく飛んでいきます。
ボンボンに連載されていた漫画ではこのギミックで敵を倒していたり。

musyagundam (15)
フル装備で〆。
以上、BB戦士No.17 ムシャガンダムでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://gayber.blog24.fc2.com/tb.php/233-0b9e4547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。